遅漏(男性膣不感症)の対策と改善法について

遅漏(男性膣不感症)は、女性の中でイケない男性のこと

早くイキ過ぎて悩んでいる「早漏」でお悩みの男性も多いですが、逆に、膣で射精出来ない、または射精が遅すぎる「遅漏、無漏」で悩んでいる男性も多いようです。

しかしそういった男性は、自慰(マスターベーション)ではすぐに射精できたりします。つまり、オナニーではイケても「膣でイケない」・・・こういった男性が、最近増つつあります。

遅漏、無漏・・・言い方や表現はいろいろありますが、ここでは「男性膣不感症」と表現しておきます。「男性膣不感症」とは、SEXの時に膣で感じない、男性の不感症のようなものです。

遅漏の原因−なぜ男性膣不感症になるか?

なぜ、マスターベーションでは問題ないのに、女性の膣内では感じないのか?

その原因は、ほとんどの場合「AVなどによる長いオナニー歴」のため、女性の膣での性交の感触が気持ちいいと感じられなくなった・・・これが、男性膣不感症の原因だと考えられます。

現代では、AV(アダルトビデオ)やインターネットなどで、過激なアダルト映像が手軽に入手できてしまいます。そういった背景が、このような症状を生んだと考えられています。

つまり、「AV→手→射精」という強固な性感回路が脳に作られてしまい、オナニーとセックスでは感じ方が全く違うため、本来のSEXでは感じなくなり射精ができないのです。要は、AVオナニーのやり過ぎです。


少なくとも15年くらい前までは、男性膣不感症で悩む男性はほとんどいなかったと思われます。この十数年間にアダルトビデオやアダルト映像が急激に普及し、それらを見ながらオナニーするのが当たり前になっています。

それまではオナニーといえば、ビニ本(ビニールで中が見えないH写真集)とかアイドル写真集などが主流でした。写真集もない頃には官能小説でオナニーという世界もあったのです。

これは活字を読みながら頭の中に自分で映像を作ってするわけですから、そういうオナニーは感性を磨くためにもいいことかもしれません。外部からの映像が強くなるほど、脳内イメージが枯れていき、感性は鈍るからです。


アダルトビデオは所詮、架空の映像です。
それで1万回オナニーをした所で、1回の性交の記憶には本来かなう筈はありません。好きな相手との性交の喜びには到底およばないことです。

性交に至るまでのAVオナニー状態が長すぎてしまうと、膣のイメージはほとんど脳内にできあがりません。これが問題なのです。先に記した射精回路が、AVオナニーによって眼と手と脳にできあがってしまい、膣の快感が消失した状態が作られてしまうのです。

このようにして、最終目的地の快楽の泉であるはずの膣−つまりSEXという存在は性感イメージからすっかり欠け落ちてしまい、実際にエッチしたら、膣は気持ちのいいものでは無かったということが起きたのです。それが、遅漏−男性膣不感症です。

男性膣不感症(遅漏)対策と改善法

・遅漏対策 その1 「オナニーをしない」

一言でいうと「オナニーによる射精を一切行わない」ことです。

毎日のようにオナニーをしている人もいるでしょう。このような場合はまず「回数を減らすこと」。毎日オナニーをしている人がいきなり禁欲するのも難しいと思いますので、徐々に回数を減らしていくことです。

・遅漏対策 その2 「オナニーを工夫する」

オナニーを一切絶つのはなかなかできないでしょうから、オナニーの方法も工夫してみましょう。

ポイントは「刺激がゆっくりと弱い方法で射精できるようになる」ことです。
つまり手で早く上下に擦るだけの方法は止めること。包茎の方も亀頭が出たままの状態 で、手で上から包み揉むような刺激に変えましょう。自慰中は包皮を一切かぶせないで亀頭に直接あたるように刺激してみてください。

この場合、亀頭にローションを塗った方がいいと思います。最初は早い動きによる刺激から始めて、しだいにゆっくりした刺激に変えてください。これで射精できるようになったら大きな前進です。男性膣不感症からの離脱はあと一歩です!

・遅漏対策 その3 「脳内イメージを強化する」

イメージトレーニングも、男性膣不感症の改善には有効です。
自分の頭の中で、膣に入れた自分のペニスの感覚を強く意識して、今まで欠落していたイメージを新しく作らねばなりません。自分のペニスをあたたかく柔らかくつつんでくれる、愛しくいやらしい「膣」という脳内イメージを作るのです。

脳内イメージの訓練のために、画像や映像や音などを一切無しでオナニーをすることもいいと思います。ただ、AVの映像を頭の中で再現するのではあまり意味がありません。まあ、活字くらいはいいかもしれません。H小説でオナニーできるようになったらかなりの進歩と言えるでしょう。

さらに、ただ女というのではなく「自分の好きな女性の膣の中で射精する」というイメージで行うことが大切です。

男だって、性交するにしても本当は誰の女性器でもいいはずはありません。風俗などで射精することなどより、できることなら「好きな女性」と性交する方が、比べようもなく嬉しく幸せなものです。好きな相手が自分によって気持ちよくなっているのがジンジン脳芯に伝わってくるからです。オナニーや風俗では、自分だけが気持ちよくなって終わりですから、ここが決定的な違いで性交の無類的な歓びなんですね。

おそらく、最初はAV無しでは射精できなかったり、途中でなえたりするかもしれません。それはあなたの脳内イメージが貧弱だということの証明のようなものです。脳内イメージを強化するように頑張ってみてください。どうですか、あなたはできそうですか?

男性不感症関連ページ