早漏克服のために。自分でする早漏改善トレーニング

やっぱり嫌われる「早い男」。早漏は克服できるのか・・・

「もっと楽しみたいのに、自分だけ・・・」

女性にとって「早漏」の男性ほど期待を裏切るものはありません。早漏の男性をはじめ最も女性が嫌うSEXが「早い男」なのです。

自分が早漏だと思っている男性は意外に多いようです。
男性の50%以上が「自分は早漏である」または「自分は早漏の時がある」と考えているようです。早漏とは一体何なんでしょうか?そして、その克服法とは?

早漏とは何なのか?

ある調査では、SEXにおける挿入から射精までの所要時間は、【20才代】7〜8分、【30才代】10〜11分、【50才代】14〜15分、【60才代】8.1分、【70才代】5.5分、こんなデータがあります。全体的な平均時間としては、10〜15分くらいのようです。

早漏(そうろう)の定義は、腟内挿入後30秒以内、1分以内、2分以内、ピストン運動が10回以内、などいろいろいわれていますが、実は早漏には明確な定義はありません。

また、時間や回数が重要な問題ではなく、射精のコントロールがうまくできない状態が早漏であるという定義、あるいは、女性がオーガズムになる前に男性がオーガズムに達する場合を早漏とするという考えも方も存在します。

参考までに、2003年の性機能障害に関する国際コンサルテーション会議では、次のようにいっています。


以下の3つの診断基準を満たす場合を早漏(そうろう)と診断する。

(1) 膣内射精潜時が、短い。(膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする。)
(2) 射精のコントロールが不能。
(3) 本人、またはパートナーの心理的な苦痛。


しかし、本当に重要なことは、「時間や回数の問題」ではなく、お互いに満足のできるセックスができているかどうかでしょう。早漏気味だ、射精が早い、云々より、本人とパートナーの両者が満足できるSEXができているかどうかが、一番の問題なのです。

早漏の原因とその改善法

早漏の原因でまず一つ目に多いのは「若者に多いタイプ」の早漏で、亀頭が敏感なためにちょっとした刺激でもイッてしまう早漏です。このタイプの早漏は、亀頭部が包皮から露出ができていない包茎の方が多く、包茎が深く関与していると考えられています。

亀頭が敏感すぎる早漏の方は、刺激に強くするために亀頭に刺激を与えて鍛えたり、仮性包茎の方は、包茎矯正グッズや、亀頭増大トレーニングで亀頭を大きく強くして包茎を矯正・軽減するなど、とにかく「亀頭を鍛えること」が重要です。

他に手っ取り早い早漏防止法としては、敏感すぎる亀頭の感覚を一時的に鈍くする早漏防止スプレーなどを試してみるのも一つの手です。


早漏のもう一つの原因は、心因性なもの(精神的な原因)です。
早漏の原因は、実は、この「心因性なもの」がほとんどだと言われているくらいです。

性への劣等感、不安、緊張、ストレス、「早く射精してしまった経験」の記憶が頭から離れず、再びセックスをする際に「また早くイってしまったらどうしよう」という不安が精神的な緊張となって、結果的に同じ事を繰り返してしまうパターンです。

心因性の早漏克服のために大切なことは「自信をつける事」です。

まず、自分が早漏だということを忘れてください。
「自分は早漏だ」と思えば思うほど、早漏から抜け出すことは出来ません。「イッテはいけない」と思えば思うほど、すぐにイッテしまいます。だから逆に、「イッテもイカなくても構わない」くらいの気持ちで、リラックスして臨んでください。

「緊張と思い込み」が、早漏克服の一番の敵です。
だから、ゆっくり少しずつでいいから、徐々に「自分が早漏だ」ということを頭から追い出し、だんだんと自信をつけてください。そして、緊張せずリラックスして行為が行なえるようになってください。リラックスは、早漏の改善と克服には「もっとも大切」なことです。


早漏克服のためには、彼女やパートナーの協力は欠かせません。
「あなたを満足させたいから、僕の早漏克服のために協力してくれないか」という風にその旨をきちんと話し、彼女の協力を得てください。彼女と共にSEXの経験を重ね、膣の刺激に慣れていき、徐々に緊張を解きながらリラックスしてできるようになっていってください。

もし、彼女やパートナーに頻繁に会えないとか協力を得づらい場合は、グッズを使った擬似セックス体験でトレーニングするのもいいかもしれません。


ペニスへの刺激・・・経験を重ねていくと日を追うごとに少しずつ、射精までの時間が長くなっていっている自分に気が付くはずです。

早漏の克服は、ご自分の努力とパートナーの協力のもとに、あせらずじっくりと改善していこうという姿勢が大切です。気楽な気持ちで、しかし真剣に、早漏防止のために自分でできることは実行してみましょう。信頼できるパートナーと二人三脚で、二人の充実したセックスライフのために、ぜひ頑張ってみてください。

それが、あなたと、そして彼女の満足へと確実に繋がるのですから。

ひとりでできる「早漏改善克服トレーニング」

・早漏改善トレーニング その1

10〜20分くらいの間、勃起状態をキープさせながら、その間に亀頭に刺激を与えてください。

手やタオルで亀頭を擦ったりします。傷つかない程度に、できるだけハードに擦ってください。定規などで叩くのもいいでしょう。これは、長時間の持続と亀頭の感覚を鈍くする早漏防止トレーニングです。

・早漏改善トレーニング その2

ラブローションを使ってマスターベーションをおこない、イキそうになったらすぐに手を止めてください。あとはこれを、繰り返してください。

「イク」という感覚を制御するトレーニングです。
女性の膣内は濡れているので、それに近い環境の方が効果があります。ラブローションがなければ、クリームなどでもいいでしょう。アダルトグッズに「オナホール」というものがありますよね。あれは、すごく気持ちいいので(笑)、そういったグッズを利用するのもいいと思います。

・早漏改善トレーニング その3

亀頭を中心に10〜20分くらい、手で強めに擦ってください。ただそれだけです。
このトレーニングは、イカないでペニスを勃起させたまま持続させることが目的で、早漏にも効果があります。


この早漏防止トレーニングは、毎日やらずに、週に4〜5日ほどやったら残りの日はペニスを休ませてください。

3種の早漏防止トレーニングは、一度に全部やる必要はなく、この中から1つか2つ選んでやるといいでしょう。日によって、又は週ごとに替えるなど、いろいろやってみるのもいいと思います。

早漏の改善と克服に大事なことは、あまり神経質にならないことです。あまり神経質になり過ぎてしまうと、それがますますストレスとなり、早漏克服が難しくなってしまいます。

あせらなくてもいいです。3日や4日でいきなり改善するわけがありません。少しずつだんだん良くなってきますから、毎日の継続したトレーニングが大切です。

早漏防止・克服の関連ページ

「精力」「勃起力」「ペニス増大」など、ここにあなたの悩みを入力してください

ランキングナビ